不安神経症・パニック障害のケア

 
「不安神経症・パニック障害」
 
 の見解と施術の流れ
 
 
ここでは、なぜ不安症状やパニック症状が上牧町の当整体院で改善が見込めるのかについて、
自律神経専門の当整体院の見解と施術の流れについて、ご説明したいと思います。
不安障害・パニック障害などが気になる方は参考にされて下さい。
実際のパニック障害の症状の対処法なども書いております。

はじめに、誤解の無いように書いておくと、当整体院では、病名や症状名など、
ご本人から伺った情報だけで、行う施術を決めるという事はありません。言い変えると、
不安神経障害(パニック障害)だからこの技術を使う。という決めつけた施術方針ではなく、
当整体院としては病名や症状名に捕らわれず、皆様の症状や心身の状態を確認した上で、
有効だと思われる技術を組み立てて施術を行います。

また、此方が触診する体の情報だけでも情報不足ですので、
病院を受診された場合、その診断名と皆様の今のお気持ちを当院にお伝えください。
 
 
                     上牧町の自律神経専門整体院 ひかり整体院  

「パニック障害」の症状でお困りではないですか?

 
行動範囲がだいぶ狭くなった。。。長いレジ待ちにならべない。。。
急行電車に乗れない。。。ショッピングモールに行けない。。。
スーパーや家電量販店に行くとまぶしい。。。何故か体が緊張している。。。

 
 
心配事がいくつもあって不安で頭がいっぱいになる。
はっきりしない漠然とした心配事が大きくなり悩みすぎてしまう。
精神的に疲れるほど不安感が高まっている事がある。
不安が元で睡眠障害になるくらい夜眠れない。
本やネットで情報を集めて実践するもなかなか症状が改善しない。

 
理由ははっきり感じないが一時的にパニックになり何もかもが嫌になる。
産後、育児、仕事の影響で日常生活でパニックを起こしてしまうことがある。
急激な不安症状・パニックになる事がある為、そうじゃないときでも安らぎにくい。
動悸やめまいなどパニック症状だと解っていても動揺してしまいその度に心身が乱れる。
心療内科を受診したら不安神経症と診断されたが、薬や認知行動療法だけでは微妙。
そこまでじゃないけど、軽いパニックを時々感じる事がある。
病院に行くほどでもないけどちょっと不安。


「不安神経症・パニック障害」という症状は改善に時間が必要な方も多いです。
だからこそ、途中で様々な不安や葛藤が出たり、知れば知るほどよく解らなくなったり、
というような感覚にお心当たりはありませんか?
 
 

良い方向に進んでいるんだけれど、
その実感が持てず、なので最後まで良い取り組みが続かず、
結果、改善までたどり着けなかったり、それでもやっぱり良くなりたいし、、
 
というような、
「不安神経症・パニック障害」の辛さを十分に感じておられる方も、
中には、おられるかも知れませんね、

 
 
上牧町のひかり整体院では、そのような方々のお力になれます。

当院は「パニック障害」のケアができる整体院です。

 
自律神経専門整体院・ひかり整体院の
 
「パニック障害」の改善について
 
 
パニック障害とは、不安を大きく感じる事で起こる症状です。不安や心配事は生きている以上、
誰にでもある事ですが、その不安の度合いが尋常ではない大きさになる事で発症します。例えば、
満員電車や買い物のレジ待ちなどで、急に強いストレスを感じて目眩(めまい)や動悸(どうき)
など、強烈な不安感に襲われます。このようなパニック発作を経験すると、「また起きるのでは
ないか。」という予期不安が現れ、症状が長引くと、広場恐怖と言った予期不安のせいで、外出を
避ける行動が現れます。パニック障害は不安障害の1つです。奈良県上牧町の自律神経専門整体院
ひかり整体院では、「パニック障害」の症状を和らげ、改善緩和していく技術が御座います。
 
 
次に、
当院でパニック障害の改善が見込める理由など、
書いていきますので、パニック障害などの症状でお困りの方は、是非参考にされてください。

上牧町の整体院で「パニック障害」の改善が見込める理由

 
それは、
 
「パニック障害」になる様々な原因を知っているからです。
 
 

「パニック障害」の原因は、このような事が関係しています。

パニック障害の原因は、幼い頃の経験や、自分で把握している精神的ストレスの他にも、
このような自分でも気づけていない無意識の領域の精神的ストレスが蓄積する事で、
自律神経が乱れ、以下の4つのストレスが総合して、自身の自律神経の器が、
溢(あふ)れ出して起こる症状の1つであると考えられます。
 
 
上牧町の自律神経専門整体院の「パニック障害の見解」

「パニック障害」が起こる主な4つのストレスの例
 
 
体の構造的ストレス
毎日やらなければならない仕事や家事の負担の増加。
デスクワークなど長時間同じ姿勢によるストレス。
要所要所ではケアをしてきた体でも知らず知らずに溜まる肉体疲労があります。
 
 
心の精神的ストレス
心配事の増加や、大きな精神的ショック。
無意識に残る幼少期のトラウマやストレス。
心の無意識でストレスを感じている部分があります。
 
 
気候的ストレス
その日の気温に合ってない服装をする事での体の冷え。
気候に合わない室内の温度管理。
 
 
化学的ストレス
不安の解消による暴飲暴食、
カフェインやアルコールの摂り過ぎや、砂糖の摂り過ぎによる弊害。
 

 
このような事が関係して、自律神経が乱れ、

考えたくないのに不安が増大してしまう。体を緩ませる事ができない過緊張になる。
腰痛・肩こり・頭痛がスッキリ消える事がない。気持ちの落ち込みがある。
食欲不振や眠りにくい状態になる。頭の中が整理しきれず急にパニックになる。
と言うような「パニック障害の症状」が現れると考えられます。

パニック障害で実際に感じる身体反応としては、
胸の奥が締め付けられるように感じたり、肩がゾワゾワしたり、
背筋に悪寒がしたり、足元がふわふわしたり、動悸など、
個人によって、感じ方や身体反応が異なります。

これらの症状を改善していくには、
無意識の精神的ストレスを和らげ、今の状況をムリなく受け入れられる心体が必要になります。
 
 
まずは、当院の自律神経を整える施術の流れの前に、

ご理解を深めて頂く為、

・パニック障害の症状の対処法、
・落ち着かせる呼吸法、
・パニック障害の診断基準、
・当院のアプローチ、

について、順にお話を致します。

「パニック障害」の症状が出た時の対処法

度合いにもよりますが、できるだけこのような事を意識されてください。
 
 
1、目を閉じないで目を開けて周りをよく見渡す。

2、両足裏を地面にしっかり着ける。

3、目に見えるモノを口に出す。
 
上牧町の自律神経専門整体院のパニック障害の症状の対処法
※姿勢は、猫背でも背筋を伸ばしても立っても座っても大丈夫です。
 ご自身が楽に感じる姿勢を取ってください。
 
<解説>
1、はパニックになると視野が狭くなったり目眩がします。そが怖いからと目を閉じてしまっては、
余計に不安やパニックが強くなる事があります。周りをよく見渡す事は出来ないかもしれませんが、
現実を確認する為にも、目は閉じないようにしておきましょう。
 
 
2、はパニックになると足元が不安定になります。我々人間は陸上動物ですから、しっかり地面を
感じる事で安心感を得る事ができます。パニックになりそうな時、しっかり足を踏ん張るようにして
両足裏をべったり地面に着けて下さい。足裏で軽く押し叩くように地面を感じても良いでしょう。
 
 
3、はパニックになると自分の意思とは無関係に激しい動揺がはじまります。その原因は、
自分でも気が付かない無意識領域のサインだと考えられます。自分の無意識領域に「今ここ」が、
安全で安心である事を教えてあげましょう。

それには、ただ目の前の物を、次々に、そのまま、
具体的に口に出して言うと良いです。例:「今、黄色くて円筒のコップが見えます。」
「今、緑のカーテンがそよいでいるのが見えます。」「今、白い壁が見えます。」など、
詳しくは、コチラのページで、解説をしていますので、参考にして下さい。
 

日常での注意点。

自律神経は、主語と現実と妄想の区別がつきません。ですので、「誰が」という部分の
区別がつきませんので、ラジオやテレビやネットでのニュースを、勝手に自分事のように
感じ取ってしまってしんどくなる事があります。この事から、ニュース番組や情報番組
などは、なるべく、見ないように心がける事をお奨めします。

 
 

「パニック障害」の症状を、落ち着かせる呼吸法

 
呼吸で、パニックを落ち着ける
 
 
パニック障害では、過呼吸など呼吸が乱れてしまう事も多いかと思います。
そんな時、呼吸を整える方法を、ご説明します。
 
 
簡単に言うと、パニック症状は、体の意識は落ち着きたいのに、
心が動揺して動きたくなっている状態です。

ですので、落ち着かせる為に、
まずは、体の方が、心の状態に従ってあげるのですね。
体の意識は落ち着きたいのですが、心の動揺がどうしても強いので、
まずは、一旦、心の動揺に合わせてあげてから、落ち着いていきましょう。
 
 
それを呼吸で表現すると、はじめは、敢えて肩で息をするような、胸式呼吸で、
心の状態に寄り添い、動揺を表現して、徐々に、腹式呼吸に切り替えて、
ゆっくりとした呼吸に持っていきます。


 
やり慣れてないと思うので、
はじめに、敢えて胸式呼吸をやる際は、そこまで大袈裟にしないで大丈夫です。
自分でこれくらいなら、まだ余裕があってコントロールできるな。と、
感じるくらいの胸式呼吸で十分ですからね。
 
 
個人差はありますが、
心の動きたいとう欲求を満たすことで、結果的に落ち着きやすくなります。
よろしければ、ムリなくお試し下さい。ちょっとやるのが怖い方は、
しなくて大丈夫ですからね。

病院での「パニック障害」の診断基準は、

 
2つの国際基準がある
 
 
病院でパニック障害であると診断される基準となるのは、2つの国際的な診断基準が
あります。アメリカ精神医学会によるDSMと、世界保健機関(WHO)のICDです。
この2つのガイドラインのどちらを採用するかは担当医によって違います。

因みに、不安神経症とは、不安が過度に大きくなった症状の1つの言葉で、
パニック障害もその中の1つとされてきましたが、現在では、「神経症」という
診断名は無くなり、そのような過度な不安の状態は、全般性不安障害か、
パニック障害と診断されることがあります。

ですので、病院によって診断が異なるというのも不思議ではありません。
パニック障害の診断について気になる方は医療機関の診断を受けてください。当院は、
医療機関ではありませんので診断はできませんので、これ以上の説明は控えさせて頂きます。
 
 
重要なのは、
今のあなたの症状に診断名を付ける事でしょうか?それとも、
今の症状をお薬以外の方法で改善軽減させていく取り組みを行う事でしょうか?

後者であれば、上牧町の当自律神経専門整体院がお力になれると思います。

(お薬との平行治療も可能です)
お薬を使うなら、お薬の効果で比較的良い状態を保っている時期に平行して、
今後の減薬がスムーズに行えるように、今、心身に良い知識を付けたり、
心身を整えていく事が、望ましいのではないかと考えています。

 
 
次に、パニック障害の症状に対して、
当院のアプローチのイメージをご説明します。

当院の「パニック障害」へのアプローチのイメージ

 
体に、安心感を与える。
 
 

 
パニック障害などの改善緩和には、「不安」を小さくする必要があります。
それが、そう思っても出来ないから症状が出るし、更に不安が不安を呼ぶ悪循環にあると思います。
なかなかキッカケが掴めずにいる。もしくはキッカケが掴めたと思ってもまたスグ戻る。
結局は、何を自分に言い聞かせても強く不安が残るのが現状だと思います。
ですので、体に「安心感」を与える必要があります。
 
 
不安を解消する脳|上牧町整体院
大脳辺縁系と不安パニック症状|上牧町整体院

「不安」というのは、感情です。
感情というのは脳の「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」の働きによるものです。
「パニック障害」は、この脳の大脳辺縁系の偏りにより症状が出ています。
ですので、大脳辺縁系が働きやすいような環境を作る事で、
感情の整理が付き易く不安が軽減されます。

大脳辺縁系の環境を良くするには、いくら言語で説明を受けて頭で理解しても限界があります。
大脳新皮質を使う顕在意識に、いくら知識としての方法を働き掛けても限界があるという事です。
まずは体に触れて、体に「大丈夫ですよ。」という感覚を送り込む必要があります。

これのように、「体」→「感情」→「頭」と順に改善していくのが当院のアプローチです。
 
 
ご理解いただけますでしょうか?

それでは、

次に、当整体院のパニック障害の症状の、
根本の改善緩和の方法について書いていきますので、是非ご覧下さい。

上牧町の当整体院の「パニック障害」の改善を図る施術

 
奈良県でも当院だけの自律神経を整える技術で、
「パニック障害」の改善を狙います。

 

・当整体院の「パニック障害」の施術の流れ

 
体から自律神経を整える事で、
大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)の環境を良くし、
「不安」に負けない「免疫力」を作るという事になります。

「体」→「感情」→「頭」の順で、心身が潤うサポートをさせて頂きます。

体からの刺激(整体の施術)により、脳幹を反応させ、その反応を、
徐々に、感情→頭へと伝える取り組み。この事が、「予期不安」を無くす、
少なくする。という取り組みになります。

※予期不安とは、
 まだ起こっていない事に対して「起きたらどうしよう。」と、
 勝手に想像してしまい余計しんどくなる思考パターンです。
 そう思わないようにしようとしても中々できないので、
 整体で体から安心感を入れていきます。
 
 
その為の技術として、
脳幹に作用するような「足首の調整」「骨盤の調整」「肩の調整」「頭の調整」と、
順を経て必要に応じて調整をするという施術を、問診をした上で、
皆様の同意の基に進める。という流れになります。

※技術の詳細が気になる方は、「」の文字をクリックください。
 

 
 
おかげさまで、今まで、
様々な方々に喜ばれています。


 

「パニック障害」をそのままにしておくと、

 
不安なんて誰でにもあるし、ただ自分が甘いだけ。
と、自分を責める考えは危険です。

 
 
真面目な人ほど不安な自分を戒(いまし)めます。それは、ストレスを溜め続ける状態です。
「不安障害(パニック障害)」とは、誰にでも起こる可能性があり、見えない部分で、
知らず知らずの内に進行していく症状です。パニック障害をそのままにしておくと、
うつ病にもなりかねませんので、お心あたりのある方は、早めの対処が必要です。
 

当整体院で「パニック障害」を改善させる利点

自律神経専門整体院の当院で「パニック障害」を改善させる利点は、
このような事が言えると思います。

当整体院では、体から「安心感」を入れるような整体施術を行いますので、

不安を克服するのに頑張らなくて良いということです。

不安を取るのにあれもこれも知識を入れて自己啓発に励む必要はありません。
ただ、力を抜いてリラックスをすれば大丈夫です。
そのリラックスも初めは出来なくても、ひかり整体を受けて行くと、
特に意識をしなくても、次第にできるようになる可能性が高く、
次第に、不安が減少傾向に向かいます。

それでも大きな不安が継続して残る場合、
整体とは別に、当院の「心身のカウンセリング」でお力になります。

※改善度合いやプロセスには、個人差があります。

 

「パニック障害」を、ひかり整体で改善してみませんか?

少しでも早くその不安から解放されますように、
本当に「心から安らげる状態」を実感できますように、
楽しく前向きに物事が進みますように、
これ以上、余計な不安を抱いて体を崩されませんように
ひかり整体で万全のケアをさせて頂きます。

より良い暮らしができますように、少しでもお力になれれば幸いです。

 
・気になる施術料金や通院ペースについては、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問については、コチラをクリック下さい。
 
 
焦らなくても大丈夫。

行き場のないモヤモヤは体を整える事で、変化があります。

まずは、焦らずゆっくり受け止める所から始めましょう。
 
 
「パニック障害」ならお任せ下さい。
奈良県上牧町桜ケ丘の自律神経専門整体院「ひかり整体院」
今、大きくなっている「不安」を少しづつ消していく技術のある整体院です。   光一(こういち)