コミュニケーション能力が気になる方

 
伝えたい人に、
 
伝えたいことが伝わらない。
 
 
親子間、恋人間、親友間、大切な人に伝えたいことが伝わらない。それで、辛くなったり、
もどかしくなったり、イライラしたり、自分を責めたり、なんとも形容しがたい状態になって、
数時間あるいは、数日引きずって、気分が悪くなってしまった事、ありませんか?
 
 
なんというか、
親だから許せないこと、親友なのに伝わらない虚しさ、恋人なのに解り得ない不甲斐なさ、
もちろん、他人だから完璧な同意はないものだと解ってる。それにしても、自分が
これだけ起承転結に時間をかけて伝えても、その内容がしっかり伝わってないと感じると、
大切な内容ならなおさら、もの凄い大きなダメージを感じる事がありませんか?

ここでは奈良県上牧町の自律神経専門整体院「ひかり整体院」が、そのように感じる見解と
有効に思える対処法を書いてみたいと思います。興味のある方は是非参考にされて下さい。
 
 
                上牧町の自律神経専門整体院 ひかり整体院 院長  光一

コミュニケーションで、しんどくなった事はないですか?

 
コミュニケーション能力が低い?
苦手。。伝わらない。。

 
 
もう昔から親のあの態度に解っていても一瞬でイラッとくる。
ご主人にあれだけ説明してるのに聞く耳を持たない態度に幻滅する。
友人にそれは嫌だと言っているのに、此方のとても嫌な度合いが伝わらない。
違う。そうじゃなくて、、と相手の勘違いを正そうとしても正確に伝わらない。

 
いくら時間をかけて説明をしても、相手の反応をみると響いてない様子が解る。
話してる内に、勝手に論点をずらされて話し合いたい確信に触れられない。
話が深く掘れない。言いたいことが言えなくてストレスだけが残る。
何を言ってもリアクションが薄い。待ってもみるが反応は無い。
相手が急に機嫌を損ねてしまう。向こうが何を考えてるかよく解らない。
前まであんなに自分に心を開いていたのに。今はその影もない。辛い。
他の大勢の人ならこの言い方で理解をしてくれるのに、、
伝えたい人に限って言いたい事が伝わらない。
 
 
これだけ相手の立場にもなってるし、見聞を広げて冷静にもなってるし、
内容を理解した上で意見や反論をしてくれるなら納得できるけど、まったく
的外れな捉え方をされて、返答をされると、、もうどうしていいかわからない。。

なんとも言えない気持ちになりますよね。
このようなストレスは、非常に大きいストレスになる可能性があります。
大きくなったストレスは、あなた自身の自律神経を乱し不調に繋がる可能性があります。
 
 
まずは冷静になって、
良くなる可能性のある対処法を見ていきましょう。
よかったら、下記の6つのポイントを参考にしてみてください。

お互いの為に、伝えたい事を話すとき

 
友好的なコミュニケーションを図る6つのポイント
 

 
・相手の興味を引いているか?
 (相手に伝えるべき内容なのか自身で再確認する)

 
・相手が聞く姿勢になっているか?
 (事前に相手に大切な話があると伝えておく)

 
・お互い時間と気力体力にゆとりがあるか?
 (お互いに出来るだけ余裕の持てる時を選ぶ)

 
・相手の理解しやすい言い方で話せているか?
 (相手に伝わりやすいかどうかを考えて話す)

 
・自分の想いをしっかり言葉に出来ているか?
 (自分の想いを直接的な言葉にする)

 
・自分に無理をしてないか?
 (自分に無理がないか確認する)

 
 
相手に伝えたい事が、なかなか伝わらない場合には、
このような6つの事に、気を配る必要があるでしょう。
 
 
そして、
「3つの自我」を意識して、
人に合わせた伝える角度を意識してみましょう。

「3つの自我」とは、

 
交流分析
 
 
アメリカの精神医、エリックバーンが提唱した「交流分析」を基にすると、
我々の心である自我は、大きく3つで構成されています。
 
 
P(ペアレント、親的な部分)
A(アダルト、大人的な部分)
C(チャイルド、子ども的な部分)

これらは、老若男女問わず、比率はそれぞれですが、誰でも持ち合わせている部分です。
このそれぞれの3つの部分の比率を、意識して伝えると、比較的スムーズに、
コミュニケーションができるとされています。
 

 
例えば、自分が、大人の部分を出して、相手の大人の部分に対して、
物事をしっかり伝えたとしても、相手の大人の部分が、小さかったら、
理解がしにくく、伝わりづらくなります。

その相手を、よく観察すると、子どもの部分が大きく成長していると感じたら、
自分は、親の部分を出して、相手の子どもの部分に、さとすように伝えると、
すっと、物事が伝わる場合があります。
 
 
このように、相手をよく観察して、どの部分が大きいのか、また、どの部分に、
自分はどの部分を使って伝えたらスムーズに行きそうか、考えてみるのも良いかも知れません。
 
 

 
 
「まずは、大前提として私はあなたを困らせたい訳ではない。」
というような基本的な事から言って、理解をして貰って、話を進めてみましょう。
 
 

それでも、伝わらない場合に考えられる事

 
認知の歪み
 
 
此方の言動が問題ではない場合、受け取る側が「認知の歪み」として、
自動的にこのような思考になっている可能性があります。
上牧町の自律神経専門整体院が考える認知の歪み1

<主な認知の歪み(自動思考)>

 
白黒思考
物事に対して中間の感覚がなく白か黒か極端な考え方しかできない。
中間と言ってもど真ん中だけでなく本来は様々な度合いで存在するもの。

 
過度の一般化
流動的な世の中に於いて、1つの出来事を過度に決めつけ誤解して一般化してしまう。
「この辛い症状は永遠に続く。もう治ることはない。修復する事は不可能。」など。

 
選択的抽出
ある部分だけ選択的に抽出して判断をしてしまう。相手の朝の挨拶がいつもより、
素気なかったら、それだけで「自分に対して怒ってるんだ。」と思ってしまう。など。

 
自己関連付け
物事は様々な要因が複合して結果を生むのに対し、
上手くいかなかったのは、自分のせいだと強く関連付けて辛く感じてしまう。
「あの子のが受験に落ちたのは、自分の教え方が悪かったせいだ。」など。

 
飛躍的結論
人の心を読み過ぎ、他人の言動をすべてマイナス的に解釈して何でも否定的に予測する。
「~~なので、きっとあの人は自分の事も嫌いに違いない。」など。

 
べき思考
自分や他人を「○○であるべき」「ねばならない」と批判する。

 
レッテル貼り
「○○とはこういうもの」など人やモノ、出来事に対して、
固定するようなレッテル(ラベル)を貼って否定的な意見しか出ない。

 
フィルター視
自分の勝手な色眼鏡を通して人を見て、自他にマイナス・迷惑を掛けてしまう。
いつの間にか、自分の経験則だけで、物事を判断してしまう。
新しい発見が掴めない。人や物を素直に見れない。

 
破局視
未来、先の事をあらゆる可能性で見れず否定的に予測する見方。
「どうせ○○しても上手くいかない。」など。

 
トンネル視
今の事柄に対して否定的な部分しか見ない見方。視界がトンネルのように狭い。
「自分は○○が出来てない。△△も無理だし、□□はもっと出来ない。」

 
 
自分の言動が伝わらないと感じる人を、
上記のいずれかに当てはめて、決めつけるのもおかしいですが、

人には環境や状態によって、このような心理が自動的にかつ重複的に働く事がある。と、
理解をすると、今の辛さが少しマシになるかも知れません。

これらの認知の歪み(自動思考)を踏まえて考えると、

 
伝わらないと思う人とは、、
 
 

例えば、
人との「約束」をうまく守れない人で、、

 
上記の「フィルター視」をしている可能性があったとします。それを意見したら、
「自分が守らなければならないと感じた約束なら、意地でも守る。」という
答えが返ってきたとします。それは「べき思考」であり、此方としては、
約束に対して「レッテル貼り」をするつもりはなく、中間領域で捉えて頂きたい。

気軽に破って欲しくはないが、意地でもとまで気負って捉えて欲しくもない。
と、表現しても、その理解に苦しむ人がいます。その人の背景には、
「白黒思考」で捉えてしまう自動思考が隠れている。。というふうに、
自動思考は、重複的に存在する事があります。
 
此方としても相手を責めている訳ではないと十分示した上で、
ある程度の信頼性を築いた上で、落ち着いて1つ1つひも解いていくのが理想です。

(※相手を確り肯定して、慎重に切り出しても気分を害される方も居られます。)

 
 
自分では、
確り信頼を持って接しているつもりでも、相手が気分を害してしまう場合には、
相手に未成熟な部分があるか、あるいは、次のような可能性があると考えられます。

(このページの内容は、あくまでも可能性であり断言できる事ではありません。)

自分の言動が、なかなか伝わらないと感じるその他の心理

 
反対に、
 
あなた自身が「認知の歪み」にお心当たりはないですか?
上牧町の自律神経専門整体院が考える認知の歪み2
 
実は、相手側の思考が偏っているのではなく、あなた側の思考が偏っている
という事はありませんか?自動的になる思考ですから、解っていても偏ってしまう。。
もしかして、、もうご自身でも気づいているのにスムーズに対応できない。。その事が、
余計しんどく感じてしまって自分を苦しめている。。そう感じた事はありませんか?

そう感じられたとしたら、その事を考慮して物事を進めると良いかもしれません。
 

例えば、このような考慮。

自分は今までの内容を読んで「べき思考」が強いと感じたので、
これからは、なるべく「決めつけない意志」を十分頭に置いて接してみる。など、
自分の自動的に働きやすい思考の対策を、意識してみる。という工夫を改めて試みる。

 

そのいずれも、しっくりこない場合、

 
なんか、違う気がする。。?
 
 

「いや、そんな事はない。今までの上記の事はまったく当てはまらない。」と、感じる方は、
無意識の間で、脳でこのような自己の「防衛機制」が、過度に働いているかも知れません。
上牧町の自律神経専門整体院が考える防衛機制3

無意識の間に働く「防衛機制」とは、

 
防衛機制
 
 
「防衛機制」とは、20世紀前半に活躍したオーストリアの精神分析学者、精神科医、
ジークムント・フロイトの娘であるアンナ・フロイトが児童精神分析の中で提唱したもので、
自分自身の中で自分の心の安全を守る作用があるとされていて、主な種類で言うと以下の通りです。

<主な防衛機制の種類>

 
・抑圧 ・合理化 ・同一視 ・投影(投射) ・反動形成 ・逃避 
 
・分離(分裂) ・置き換え(代償) ・代理 ・否認

 

誰が何を防衛してるかと言うと、あなたの無意識が、
あなたの精神状態を防衛しています。

上手くいかない事や、辛い事が色々あると、
あなたの精神状態を守るために、これ以上ダメージを受けない様に、
あなたの無意識から、このような防衛機制が発動することがあります。
 
 
自律神経が乱れると、
本来なら自分の心を守るための「防衛機制」が、過度に働き過ぎて、
かえって心の状態に負担をかけてしまう事があります。多くの防衛機制は、
無意識の内に作用するものであり、自分では自覚のない事が多いとされています。
 

例えば、「選択的抽出」と「合理化」が、
進んでいる人だとしたら、、

 
このページの内容や他のページの内容も十分に理解はできるけど、
一部の情報だけを自分の都合の良い様に捉えてしまう。という事が起こります。
いくら「分かりやすい説明でよく解りました。」と言っていても、
実際は本来の意味で理解をして頂けてない。という事もあり得る話です。

だとしたら、あなたが伝わらないと感じる人も、、
お互い人間同士なので、「自動思考」や「防衛機制」が、お互いにそれぞれに、
様々なカタチで反応するとなると、、

上牧町の自律神経専門整体院が考える防衛機制4
 
自分の言動が、なかなか相手に伝わらないのは、
ある意味、当然とみて良いかも知れませんね。
 
しかしながら、一方的な決めつけや、
悪い意味での諦めは、お互いに辛い事ですので、このような「心理」があると考慮して、
見聞を広げて頂いて、更に一息ついて、冷静な感覚や心身を保って頂ければと思います。

 
 
こう書いても、、

 
「合理化」や「選択的抽出」が強い人は、
自分はそうだと感じずにショックを受けず、
偏って自分の都合の良いように捉える傾向があり、

 
逆に、
「自己関連付け」や「否認」が強い人は、
関連付けないようにしようとしても、この事も、
勝手に、お説教をされているように感じ取り、
過大にショックを受け、自分を責め過ぎて、
過剰に落ち込んでしまう傾向があります。

(同じ事実なのに、受け取り方が個人で大きく異なる)
 

伝える側としては、反対に(正確に)受け止めてほしい。けどそれが、
今までの「自動思考」や「防衛機制」によって出来ない。

なので、伝えたい人に伝えたい事が伝わらない。
 
 
このような事を緩和していくには、
今までの事に合わせて「感情の抑圧」を減らしていく事が必要です。

 

「感情の抑圧」が過度にかかると、

 
なんの対策も無く、
感情の抑圧がマイナス面に働き続けると、、

 
 

ペルソナ(仮面)が何重にも出来てしまったり、感情が幾多にも重なり、
ダブルバインド(二重拘束)を受けたり、したりする可能性が出てきます。
 
 

ダブルバインドとは、

あっちもこっちもダメで、結局どうして良いか分からない心理拘束です。

例えば、
言葉では、良いと言っているのに、その態度は良くないと表している。
抑圧が強い人は、結局、良いと受け取ることが出来ず、
拘束感を感じ、しんどく感じてしまう。


 
感情の抑圧が過度にあると、このような事を、
無意識の内に、自分で感じたり、相手にしてしまったりする事があります。

「感情の抑圧」を減らすには、

 
「筋肉運動」と「声」
 
 
「抑圧」とは、自己防衛の中で最もポピュラーで殆どの人が経験している防衛機制です。
体と心は重なっている事から、過度な「感情の抑圧」には体にこのような作用があります。
 
 
感情の抑圧→ 行動を抑える→ 筋肉に力が入る→ 
体がこわばる→ 不調になる

 

感情を抑えるという事は、感情表現を抑えるという事であり、
それには、感情表現の「動き」(行動・言動)を抑えているという事になります。

感情表現の「動き」(本来、動きたがっている行動・言動)を抑えるという事は、
体が動かないように筋肉に力を入れるという事であり、それを続けると、
体にこわばりが生じ、その事で、更に、自律神経が過度に乱れ不調が生じます。
 

 
我々は集団行動をして生活をしているので、無意識の「抑圧」も必要な事ですが、
しかしながら、最も使いやすい防衛機制である「抑圧」を過度にしてしまう人は、
上記の理由から、自身に不調をきたしますので、それを軽減する対策として、
異なる「防衛機制」を使って緩和するという事も必要です。

 
それには、「置き換え(代償)」の中の「昇華」が最もふさわしく、具体的には、
上記の作用を考慮して「筋肉運動」と「声」を意識的に使うという事が必要です。
例えば、大好きなテニスやカラオケなどで発散して抑圧を減らす。など。

(「置き換え」なので、抑圧を感じた人物・物事に直接反応する必要はない)


 
ご自身のイライラ、心配、ストレス、不調を避けるため、
是非、参考にされてください。

 

奈良県上牧町のひかり整体院から、ご覧の皆さまへ

 
いかがでしたでしょうか?
 
 
交流分析、相手と自分の自我を意識した物事の伝え方、それでもムリな背景には、
誰の脳にもある「認知の歪み」と「防衛機制」。これが無意識に、互いに発動するとなると、
うまく伝わらないのも当然ですよね。むしろ、うまく伝わった方が稀と言えるかも知れません。

ですので、伝わらない事に過度なストレスを感じたり、ご自身を責め続けたり、相手を
責め続ける必要はありません。まずは、ご自身の抑圧が過度にならないような「昇華」を
見つけられて、ムリなく、実行して頂ければと思います。
 
 
スピリチュアル的には、自分にとってこのように感じる人が居るのは、自分の波動が、
低い状態であったり、そのような人達こそ大切に扱うと、自己成長が望めるという
捉え方などがありますが、まずは、感情の抑圧が過度にあると、冷静な判断が
出来ませんので、ご自身の抑圧を避ける行動を優先して頂ければと思います。
 

それでも、

イライラや、倦怠感、

ストレスが溜まる場合や、

より解消したい場合、より相手に物事を伝えたい場合、

よろしければ、当院が、直接お力にならせて頂きます。
 

当院は、奈良県上牧町で、

 
体から「自律神経を整える整体」と、「心身のカウンセリング」で、
心身の不調を整えるサポートをさせて頂いてます。

 
スピリチュアルの分野では、
「浄化」「オーラの浄化」「レイキヒーリング」
3つの視点から対応させて頂いています。

(それぞれの詳細は、各「」の文字をクリック下さい。)
 
 
当院のご予約方法や、
自律神経を整える施術の流れについては、コチラをクリックください。

あなたの日々のストレスの行き場を十分に確保し、
これから先も、楽しく過ごして頂ければと思います。

 
・気になる施術料金や施術間隔については、コチラをクリック下さい。

・その他、気になる質問については、コチラをクリック下さい。
 
 
奈良県上牧町の自律神経専門整体院「ひかり整体院」
楽しく過ごして頂く為に、あなたの心身のストレスと向き合っていく整体院です。 光一(こういち)