副腎疲労症候群と自律神経の関係

 
副腎疲労症候群と、

自律神経の関係について
 
 
副腎(ふくじん)疲労って聞いた事ないですか?近年少しづつ注目を集めている臓器です。
うつ病など精神疾患と診断を受けた方の中には、実は、この副腎疲労が原因なのでは?
と訴える専門家も増えてきています。ここでは、奈良県上牧町の自律神経専門整体院
「ひかり整体院」が、そのような副腎疲労と自律神経の関係について、見解を書いて
いきますので、副腎疲労が気になる方は是非参考にして頂きたいと思います。
 
 
このページでは、以下の内容を順にご説明致します。

・このような症状で副腎疲労症候群を疑っていませんか?
・ストレスと副腎の機能について、
・副腎を疲労させないようにする取り組みとは、
・うつ?副腎疲労?病院で診断を間違うと、
・副腎疲労の考え方について

気になる方は是非ご覧ください。
 
 
              上牧町の自律神経専門整体院 ひかり整体院 院長  光一

このような症状で副腎疲労症候群を疑っていませんか?

 
これは、副腎(ふくじん)の疲労かな。。
 
 
朝起きれない。
寝ても疲れが取れずに残る。
やる気が起きない、無気力になる。
 
 
とにかく体力が持たない毎日の生活がやっと。
いつの間にか慢性的な疲れを感じやすくなっている。
ネットや書店で副腎疲労の文字を見つけて、そのチェック項目に殆ど当てはまる。
日の光が過剰に眩しく感じたり、めまいのような感覚が起きる時がある。


「もしかしたら、ストレス過多によって副腎の機能低下が考えられるかも知れませんね。」

という言葉に反応してしまう状態ではありませんか?

今やネットや書籍で、様々な副腎疲労のチェック項目がありますが、
それらは、自律神経失調症や鬱病を疑う為のチェック項目と似ていますよね。
そして、病院で自律神経失調症やうつ病と診断を受け投薬を続けるも、なかなか症状の
改善が見られない場合には、ネットや書籍で見つけた「副腎疲労」を疑ってしまいますよね。
 
 
そのような方々の参考になる情報の1つとして、
まずは、改めまして「ストレスと副腎の機能」からご説明致します。

「ストレスと副腎の機能」について

 
副腎は「ストレスと戦うホルモン」を出す。
 
 
副腎は、コルチゾールなどストレスと戦うホルモンを出して体を守っています。
その中には、炎症を抑える働きがあったり、瞳孔の開きを調整する働きがあったり、
様々な「ストレス」と言われる状態から体を守ろうとホルモンを分泌しています。
 

 
「副腎疲労」という状態は、
 
 
体内でストレスが多すぎて、
そのストレス達と戦うホルモン(コルチゾールなどの副腎皮質ホルモン)を、
副腎が作り過ぎて、副腎が疲労してしまった状態の事を指します。

ストレスに負けないように、副腎皮質ホルモンを生成分泌するのですが、
体内の「様々なストレス」が多すぎて、副腎の働き過ぎによる疲労が生じた状態です。

副腎疲労症候群|上牧町の自律神経専門整体院
その副腎疲労という状態が続くと、「副腎皮質ホルモンの枯渇。」という状態に陥り、
上記のチェックのような、だる重いような、うつのような、力が入らないような、
眩しく感じたり、なんとも言い難い疲労感が継続する事になります。

体や心のストレスが多くなって副腎の疲労が進んでくると、
脳の奥にある海馬という器官が委縮してしまって、集中力や記憶力や、
思考力や決断力などの低下を引き起こす事が考えられます。
 
 
このような状態を、「副腎疲労症候群」という場合があります。
副腎を疲労させないようにする取り組みについては、以下の通りです。

「副腎を疲労させないようにする取り組み」とは、

 
「自律神経を整える取り組み」に似ています。
 
 
副腎疲労を防ぐ取り組みとは、「自律神経を整える取り組み」と酷似しています。
「食生活」や、「質の良い睡眠」「適度な運動」、などの「生活習慣の見直し」
 
 
これらは、自律神経を整える取り組みと酷似していますので、気になる方は、
「」の文字をクリックして専用ページをご確認下さい。
 

 
もっと言うと、このような取り組みは、
奇麗な肌を作る取り組みであり、太りにくい体を作る取り組みであり、
高血圧を防ぐ取り組みであり、糖尿病などの生活習慣病を防ぐ取り組み、
などの一環となるのではないでしょうか。
 
 
このページではテーマを副腎としていますが、冷静に考えると、
体に良い事って、それぞれの臓器や部位によって異なっていては成り立ちませんよね。
ですので、結局は、このような基本的な体に良いとされる取り組みが、副腎に取っても、
良いとされる取り組みになるのではないか。と上牧町の自律神経専門整体院は考えています。
 

 
しかし、体に良い取り組みとして、
お薬などの服用には、注意が必要です。

うつ?副腎疲労?病院で診断を間違うと、、

 
お薬はピンポイントの作用が狙えるだけに慎重に。
 
 
前半で、うつ病などの精神疾患の中には、このような副腎疲労が関係しているという専門家の
お話をしましたが、名前で区切るとうつ病と副腎疲労は異なりますが、体は繋がっていますので、
「ストレス」で心身を崩すうつ病の方が、「ストレス」と戦い過ぎて起こる副腎疲労とは、
まったく関係が無い事は無いでしょう。しかしながら、それらをお薬でケアをするとなると、
慎重な診断が必要です。なぜなら薬はピンポイントで作用する働きがあるからです。
 

 
例えば、副腎疲労の人が、
 
うつ症状があるとしてうつ病で使われるお薬を飲んでいたとしたら、、

 
 
そのお薬は、セロトニンが増えて気分が高揚するものだとしたら、
うつ症状が抑えられるかもしれませんが、副腎疲労が原因で、
セロトニン量に問題があった場合、

そのお薬は、直接的な改善効果を期待できるものではなく、
副腎が疲労している限り、いくら薬でセロトニンを増やしても、
改善に結びついていかない。と考えられるのではないでしょうか。

 
今、お薬を服用されていて、この辺りの事が気になってしまう方は、
お薬を出されている先生と十分に相談されて下さい。

 
状態によってはお薬も必要かもしれません。
しかし、副作用の事を考えると、なるべく使いたくはないですよね。
上牧町の自律神経専門整体院では、「副腎疲労」をこのように考えています。

当整体院の「副腎疲労の考え方」について、

 
副腎が疲労する「様々なストレス」を、
「4つのストレス」に分類して総合ケアを目指します。

 
 
以上の事を踏まえると、副腎疲労症候群などの副腎疲労は、うつ病や自律神経失調症などの
症状と似ている事から「ストレス」を軽減する生活習慣が求められます。その「ストレス」を、
上牧町の当整体院では、4つのストレスに分類し、各ストレスを、
総合的に、軽減していけるような取り組みに励みます。
 
 
その内の1つが、
体を整える整体であったり、体に安心感を入れる施術であったり、
認識を改め直すカウンセリングであったり、このような情報であったりします。
 
 
上牧町の自律神経専門整体院の副腎疲労症候群の考え方
上牧町の当自律神経専門整体院では、
副腎疲労症候群は、自律神経の乱れによる症状の1つであると考え、
4つのストレスを減らす、自律神経の器を元の大きさに広げる取り組みを行っております。

ご自身の状態を、副腎疲労と疑っている皆様に、
当院の技術や情報が少しでもお役に立てればと思っております。
 
 

当院は、奈良県上牧町で、

 
体から「自律神経を整える整体」と、「心身のカウンセリング」で、
心身の不調を整えるサポートをさせて頂いてます。

 
スピリチュアルの分野では、
「浄化」「オーラの浄化」「レイキヒーリング」
3つの視点から対応させて頂いています。

(それぞれの詳細は、各「」の文字をクリック下さい。)
 
 
当院のご予約方法や、
自律神経を整える施術の流れについては、コチラをクリックください。

より良い暮らしが出来ますように、少しでもお力になれれば幸いです。

 
・気になる施術料金や施術間隔は、コチラをクリック下さい。

・その他、気になるご質問は、コチラをクリック下さい。
 
 
奈良県上牧町の自律神経専門整体院「ひかり整体院」
病院に行ってもスッキリしない自律神経の不調に強い整体院です。
病名や症状名だけに捕らわれず、あなた個人の不調の改善に励みます。      光一(こういち)